TOP
会社案内
事業案内
採用情報
ISMS基本方針
ISMS
サイトマップ
ソフトウェア開発は名古屋と東京に拠点を構えるコミュニケーションネットにお任せ下さい
お問合せ  平日9:00〜18:00  名古屋(本社) 052-453-0191
事業案内
TOP >  事業案内 >  システム開発

幅広い技術とセキュリティー確保、そして業務プロセスの点検・改善により、
お客様にとってより良い品質のシステムをご提供させていただきます。



1  要件定義

まずはお客様が求められる仕組みの全貌を具体的に把握し、何をされたいのか、どこで困られているか、何を捉えたいか、等の情報をお客様とのお話の中から見出し、『どのように行うのがベストか』を、お客様の立場に立ってご一緒に思考を繰り返し検討させて頂きます。

2  基本設計

お客様のやりたい事の全体が把握出来たところで、次のステップとしてイメージでのお話からより具体的にする為に、実際の入力画面デザインや入力結果・自動計算結果等の結果を見る為の帳票等のデザインと、それらの遷移関係から、システムとして成立つ為のデータフローを策定して参ります。

3  詳細設計

画面や帳票のレイアウト・動き・内容が大よそ確定した次のステップは、プログラム開発には欠かせない詳細設計に移ります。ここでは実際のプログラム作成をするに当たり、様々な命令・規則・関数等をスペシャリストである設計者が事細かく仕様書等の様式に落とし込みます。ここで、お客様のニーズの一つ一つを適切な設計書に盛り込んでいきます。

4  開発・テスト

詳細設計が済むと、仕様書を元に開発作業に入ります。様々な言語・命令形・関数を駆使し、プログラムの作成を行います。ここで、出来上がったプログラムが仕様書通りである事を細かく検証・テストし、全てを満たした段階で一つの処理が完成する事になります。これを全ての仕様書分繰り返し行い、最後に全体を通した動きでテストを行い、予期された結果が得られているか、お求めの内容と正しく一致しているかを全体を通してチェックします。

5  検証・納品

当社でのテスト完了後、最終段階としてお客様で実際仮運用等にて、やりたかった事、面倒だった事、それらを全て満たされているかをご検証して頂きます。その後、お客様の本番環境にて稼動して頂いた上で納品とさせて頂きます。もちろん、その後のサポートや保守、何か改修されたい点等、いつでもご連絡を御待ちしております。

※1から5までは基本的な流れです。
  お客様が要望される体系によって変わる事もござい
  ます。

システム開発
Copyright (C) 2013 Communication Net Co., Ltd. All Rights Reserved